【主婦に人気のパート】医療事務のオシゴト|Work At Medicine
HOME>特集>【主婦に人気のパート】医療事務のオシゴト

働き方にメリット

履歴書

医療事務の仕事は主婦のパートの中でも人気があります。週に3~5日位で自由に働き方を選べる求人も多くあります。子育て中のママや、不要ないで働きたい人にはとても好都合です。求人は安定しています。また在宅医療などの進歩によりさらにこの先は求人数が増える可能性があります。医療事務の仕事をしたいと考えている人は、通信講座を受講するのが近道です。医療界での事務の仕事としては、大きくわけると3つになります。一つは受付、会計業務、もう一つはクラーク業務、あと一つはレセプト業務です。この中で一番専門性が問われるのが、レセプト業務です。通信講座で勉強した人であれば即戦力として活躍出来ます。仕事は正確さが求められます。また病院によってこなす業務のボリュームも異なります。医療事務の仕事をするために必要な資格はありませんが、基本的な知識があると仕事に就ける確率は大幅にアップします。検定をして取得することで転職際には有利になります。

具体的な業務内容

事務員

具体的な医療事務のパートの仕事は、患者さんが病院に訪れた際、保険証を提示して診察を受けます。一般的な保険診療です。この時、患者さんは、診察にかかった費用を全額支払う訳ではありません。一部を患者さんが支払い、残りの費用を保険証を交付している健康保険組合、国民健康保険組合などが支払うようなしくみです。病院は健康保険組合や国民健康保険組合などに診療費用を請求しなければなりません。実際には、「国民健康保険団体連合会」「社会保険診療報酬支払基金」といった機関に請求します。この時に求められる診療費用の請求に提出が求められる診療報酬明細書がレセプトです。大きな病院での医療事務の仕事は分担制をとっていることが多くなります。一方小さな病院は一通りの業務を担当することが多いです。

広告募集中